MENU

ワキガと多汗症について

脇が汗だくの女性

 

暑い夏には特に気になる何ともいえない
汗とワキガの混ざったような臭い!

 

何故そんなに臭いのでしょう?
この臭いの原因であるワキガと多汗症の関係及び、その対策をご紹介しましょう。

 

汗ってなに?

人間が活動するのに36〜37度くらいの体温が適正です。
そのため夏に体温が上がると汗が出て体温を下げさせます。

 

汗には2種類あります。
ちょっと信じられないかも知れませんが、どちらも出始めは無臭です。

 

一つはエクリン汗腺という穴から出る汗で体全体に分布しています。

 

ここから出る汗は、ほとんど水分で
体温調整の役割を担っています。

 

時間がたつと皮膚の常在菌(誰の皮膚にも住んでいる)
がこれを食べて分解したときに臭いを発生させ無臭だった汗を臭くさせます。

 

菌は、水分と脂肪分を好むので太って
汗かきの人ほど、よく繁殖し臭いの元になる場合があります。

 

もう一つはアポクリン汗腺という穴から出る汗です。
この汗には臭いの元になるアンモニア、脂質、尿素、
糖等を含んいる為、菌による臭いがより強くなります。

 

普通は、この二つが合わさって汗の臭いになっています。

 

ワキガはなぜ臭い?

脇の下が臭い事をワキガ(腋臭症・えきしゅうしょうといいます)
と呼んでますが、ワキガは脇の下だけ臭う訳ではありません。

 

先ほど汗は二つあると言いましたがその内の一つ、
アポクリン汗腺から出る汗を常在菌が食べると強い臭いを作ります。

 

これがワキガの臭いの元になります。

 

つまり、アポクリン汗腺がある体毛のある場所や
アポクリン汗腺が多いほどワキガの臭いがしてくるという事です。

 

ところでアポクリン汗腺の役割は体温調節ではありません。

 

何の為にあるかというと、あえて臭いを
作る為に存在しているのです。

 

これは古来からの種を保存する為の能力で、
異性を惹きつける為のフェロモンです。

 

しかし、現代人の私たちからすれば、もはや、余りいい臭いではありません。

 

アポクリン汗腺は脇の下や性に関係した
場所(性器や乳輪)に分布しています。

 

ちなみに、外人はワキガ臭い人が多いそうです。

 

周りに外人が多ければ、臭いを気にする必要が無くて良いかも知れませんね。

 

日本人は余り体臭がしないので、自分だけ臭うと
気になる場面が多いのかも知れません。

 

多汗症って何?

多汗症とはエクリン汗腺から大量の汗が出て、皮膚を濡らしてしまう病気です。

 

夏や冬などの気温に関係なく汗をかいてしまうのです。

 

太ってて夏の暑い日にたくさん汗をかいているのは一見、
多汗症に見えますが、そうではなく普通の汗かきです。

 

多汗症になる原因としては、緊張して手や足、
顔などに汗をかく精神的なもの(ストレスや生活習慣)
や全身に汗をかく病気の場合もありますが、
リラックスしている状態でも汗をかく事があるので、正確にはまだよくわかっていません。

 

多汗症の原因で分かっている事は、発汗の指令を
伝達する交感神経が異常に敏感になっていて
多量の汗を出させてしまう、という事ですが、
心の病気(精神的な疾患)ではなく体の病気なのでそこは間違えない様に注意が必要です。

 

ワキガと多汗症の関係は?

ワキガも多汗症も汗をかくことは同じですが、
今迄述べてきた様に、出ている症状と原因が違います。

 

ワキガの問題はその臭いであり、
多汗症の問題は、多量に汗が気温に関係無く、
たくさん出てしまって周りを濡らすという事です。

 

それぞれに合った治療法や処置が必要になりますが、
多汗症でありながら、ワキガでもある人もいますので、
この場合では両方の治療をする必要があります。

 

ワキガを対策するには?

ワキガの場合、ワキガじゃないのにワキガだと勘違いしてる人がいます。

 

汗の臭いは、色々ありますが、運動した後の
塩っぽい、酸っぱい様な、おしっこが薄くなった様な臭いです。

 

ワキガの臭いは汗の臭いとは違っていて、苦い臭いとか、
鉛筆の芯の臭いが強くなったような臭いやカレーのクミン臭とも言われています。

 

こんな感じの臭いがしなければ、ワキガではないかもしれません。
わからない場合は医師の診察を受けて下さい。

 

ワキガを簡単に対策できる順に並べていきます。

 

@ハンカチやタオルで汗をよく拭く、下着をこまめに換える。

Aワキガ専門の制汗剤を使う。コンビニ等で買える一般の制汗剤は、効果が少なく、何回も使うと肌が荒れます。

B体臭防止用のサプリメントを使ってみる。

Cハンバーガーなどのジャンクフードや添加物の多いお菓子、刺激の多い食べ物を取らない。和食や野菜中心にする。

D医療機関でボトックス注射、アポクリン線除去手術を行う。

 

上記のDは医療行為で自分で出来る
ものではありませんが、ワキガの臭いが強い人の対策になります。

 

アポクリン線自体の機能を停止させるのが目的になる為、
他の対処方法より効果は高いです。

 

但し、子供はまだアポクリン線が
発達してないので、この時点でアポクリン線を
取っても再発する可能性があります。

 

また、外科手術は痕が残る可能性があるので、よく医師と相談して下さい。

 

多汗症を対策するには?

多汗症だと思っていても、普通の汗かきの
場合もありますので、症状や原因をよく考える必要があります。

 

中には多汗症なのに、そうとは思わず困っている
人もいますので、どちらなのかわからない場合は医師に相談しましょう。

 

多汗症を簡単に対策できる事は難しいですが、
やり易い順に並べていきます。

 

@服や靴を風通しの良いものに替える。

A濡れタオルや冷却シートで首(リンパ節)を冷やす。

B後谿(こうけい=グーをした時の小指の付け根)、合谷(ごうこく=小指の下の手首の付け根)などのツボを押す。 

C塩化アルミニウムの制汗剤や制汗ジェルを塗る。

Dミョウバン水を汗が出ている場所に塗る、またはミョウバン水の風呂に入る。

E交換神経を刺激する辛い物や、刺激のある物、カフェインやニコチンなどを取らないよう食事を改善する。

F睡眠不足やストレスを溜めないで適度な運動をして自立神経をよくし生活習慣を改善する。

G多汗症の治療を行う皮膚科や専門外来で、薬や手術をしてもらう。

 

ちなみに多汗症で汗が多く出る原因は交換神経や副交感神経、
自律神経の影響を受けている事から、EとFを行う事は大切です。

 

まとめ

ワキガの対策も多汗症の対策も出てくる汗を
少なくするという事は同じで、今出ている汗の
対策では割りと共通しているものがあります。

 

多汗症は汗を多量にかく事が問題ですが、ワキガの
様な臭いが無いとしても、汗を多くかいてしまえば
やはり臭うでしょうし、ワキガは汗をかけば当然臭います。

 

もし多汗症とワキガを二つ持っていれば、
多汗症でワキガの汗が多く出てしまい、より臭いが強くなるという関係があります。

 

ワキガや多汗症であるとわかっている人は
それぞれの対策を行い、両方持っている人は
二つの症状に対策する必要があります。

 

自分の症状がワキガなのか、又は多汗症なのか、
それとも両方あるのか分からない人はまず、
食事や生活習慣を整え体や精神を健康な状態に保ち、
それから対策を考えた方が良いかも知れません。

 

何故ならこのことは、どちらの症状も緩和させることになるからです。

 

多汗症とワキガの対策、ご参考になったでしょうか?

 

汗も臭いも対人関係に影響しますから
気にならない訳にはいきませんよね。

 

これらの対策をしっかり行い、気持ちよく暑い夏を乗り切りましょう。

 

このページの先頭へ